人材養成研修普及啓発研修蔵書検索認知症キャラバン・メイト連絡協議会

介護職員初任者研修とは

 平成25年3月で法律が改正されたことにともない、訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修2級課程が廃止され、「介護職員初任者研修」と名称・内容が変更されました。国(厚生労働省)で規定されている法定研修で、「介護職員キャリアパス」の最初の研修に位置づけられています。

 ※川崎市社会福祉協議会では、川崎市高齢社会福祉総合センター指定管理業務の一環として、神奈川県の指定を受けて実施しています。

 介護業務に従事することを希望する者、又は介護職員として従事している初任者に対して、介護職員が行う業務に関する知識及び技術を習得するための講義・演習(国の基準時間130時間以上)を行い、要介護者等に対し適切な支援を提供する介護職員を養成することを目的としています。
 なお、全講義と介護実技を終えた後に、修了評価試験(実技・筆記)があります。


介護職員初任者研修等の最新情報

ぜひご活用ください!!
神奈川県「介護職員研修受講促進支援事業費 補助事業



介護の仕事を探す

川崎市福祉人材バンクをご利用ください。

川崎市福祉人材バンクは厚生労働省から認可を受けて行う福祉のお仕事の
無料職業紹介所です。
詳しくはこちらをご覧ください。


介護福祉士(介護のエキスパート)を目指す

詳しくはこちら「介護職員実務者研修」をご覧ください



page top